今日は,名古屋の南方にあります,碧南市にお邪魔しました。

 

知多半島を南下し,半田からトンネルを通って

碧南市にはいりました。

市役所のすぐ近くに,ここ

碧南市ものづくりセンターがあります。

 

ここには,本格的な工具が揃っていて驚きました。

 

それというのも,県のものづくりの技能訓練の場としての

機能をになっているそうです。

 

 

碧南市の少年少女発明クラブも

ここで活発に活動されているそうです。

 

充実した施設を見学させていただきました。

 

 

でも,何よりだいじなのは,

設備でなく,その中で

何をやるか,

何をそだてるか。

 

こちらのセンターでは,

運営に携わる方々の取り組みで

設備があることで出来ることを

模索されているようでした。

 

大きすぎない地域ならではの

よさがここにはありそうです。

 

こんな方々がやってみよう,と思う場面で,

いつか私たち楽知ん研究所の講座を

やらせていただいたら,

碧南市の好奇心旺盛なみなさんに

科学で笑顔が広げられるのではないかなあ,と

 

思いました。

 

見学に際して,ご協力いただきましたみなさまに,

心より感謝です。

 

 

 

0階トイレには、

先週水槽が入りましたが、
今週は、砂利も落ちつき
いよいよ、シロメダカとミナミヌマエビが

 

入りました!
まだ、水草がちょろっとしかないので、
メダカは、みんなに見られちゃう^^;

隠れ家を用意したほうがよいそうです。
そういう生態は,まるで知らないので
師匠にお任せします^^;


 

「メダカが泳ぐトイレ」
 

あらため
「一度入るとなかなか出てこれなくなるトイレ」

です(^^;)


これから、もうちょっと生き物が増えていく予定です。

 

倉庫から発掘されたものの中に、
生物顕微鏡がありました。

 

昭和56年(!)の価格表も出てきました。

高価だったんですね。


普通の顕微鏡とも,ライトスコープとも

仕組みが違います。

 

見たいものをステージの乗せ,

光源はその上から。

下から上むきの対物レンズで

見たいものの透過光を観察します。

 

像は,ふつうの顕微鏡からすると倒立です。

(検体と同じむき)
電球は,かろうじて無事!

最初覗いた時は,真っ暗で全く見えませんでしたが,
光路を微調整して,と。


 

四角い小さい光がくっきりみえてきました。
40倍で見るハロゲンランプです。


 

ステージの掃除につかった

ティッシュペーパー(×40)

 

 

オープンのお祝いにいただいた

フラワーアレンジメントの

葉っぱの裏側(×40)。

 

どんどん倍率を上げてみます。

(×200)

 

葉の裏側の葉脈にならんで,

毛が生えているんですね。うつくしい。


研究室のトイレにいる,ウチのみどりちゃんの尾っぽ。

 


まだ使えそうなことが確認できて,よかった!

つぎは,生きものを見てみようっと。

 


ころりんハウス

profilephoto

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

もじでパーツ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM