今日は,名古屋市内の小学校のPTA委員のかたに

お声かけいただき,

 

 

5・6年生の親子行事で,講座をやることになりました。

 

親にも子にも全員参加型の講座をやりたいと思い,

 

 

カードゲーム〈ぶんしっし〉講座 を

やってみることにしました。

 

みなさん,体育館にあつまり,

講座がもうすぐ始まります。

 

 

どうなるかしら,430人です!

 

 

「すべてのものは,原子っていう

 ちっちゃいちっちゃいツブツブでできてるって

 

 知ってる?

 

 石ころも,けしごむも・・・

 そしてあなたも!」

 

 

すべてのものって,本当に全てなんです。

そんなツブツブがもしも見えたなら,

なんだか,ワクワクしてきませんか?

 

今日は,そんなツブツブ原子分子と

仲良くなる講座です。

 

 

 

原子分子と親しくなるマッキーノに

全員でチャレンジ(^^;)!

あちこちで手があがり,「マッキーノ!」と叫ぶ声が

聞こえてきます。

 

 

原子分子の名前もおぼわってきたら,

いよいよカードゲームです。

 

 

全体で60弱のテーブルで,

どこも大盛り上がり!

 

講座後の感想では,

たくさんの分子のイラストとともに

 

「お父さんに教えてあげたい」

「今までこんなカードゲームはやったことがなかった」

「たんそなど,興味がなかったけどとても面白かった」

「難しい化学について,こんなたのしい覚え方があるとは

おもっていなかった」

 

など。今回も満足いただけたようで,

ホッとしました。

 

今回の講座は,私たちの講座に参加されたことがあるお母さん方が

こちらの学校に何人かいらっしゃったことで実現しました。

 

たくさんの皆さんに,

原子分子と親しくなってもらうチャンスをいただきました。

 

 

 

たのしい科学入門教育の講座は,

お気軽な講座,本格的な講座,

原子分子ともっと親しくなる講座 など,入口はいろいろ。

 

科学はじつはたのしいのです。

大人もいっしょにいろんな講座に,ぜひどうぞ!

 

今日は,はじめまして!の学校です。

 

名古屋市内の小学校のPTAの

親子ふれあいデーで

大道仮説実験〈どっか〜ん!〉講座を

親子でたのしみます。

 

午前中は,学校開放日のあと,親子清掃だったそうです。

 

いつもお世話になっている学校を親子で掃除するとは,素敵な企画!

子どもたちも,ハリキリそうですね。

 

こちら講座の準備のほうは,若い先生方に手伝っていただき

マットと,合唱台とパイプ椅子で,こんな感じ。

 

 

これで,80人くらいが

親子で固まって座れるでしょう。

 

 

講座がはじまれば,

みんな緊張感もやわらぎ

 

 

あーでもない,こーでもないと予想をたてながら,

 

 

いつのまに脳ミソで,原子分子のふるまいを

 

 

想像するようになっていきます。

 

そうすると・・・

こわい!とおもっていたことだって,

 

 

原子分子のし・わ・ざ!

だってわかっちゃう♪

 

子どもたちといっしょに

手を上げてフル参加してくださった校長先生。

お片づけのあとにも,息をはずませて,

「たのしかった,親子にも自分達にもいい体験だった」と

伝えてくださいました。

 

今回の講座は

図書館でみつけたチラシや,別の企画に参加した家族や,

ブログや口コミで私たちの講座のことが話題にあがって,

実現した企画です。

 

親子と学校とがあたたかい

こちらの小学校さん。

 

また講座でお会いできたらうれしいです!

6月1日の,スペシャルころ家ん楽会(ころやんがっかい)では,

講師に東京のキミコ・プラン・ドゥから,

松本一郎さんをお呼びして,

キミ子方式でイカに挑戦しました!

 

 

一郎さんのお話は,不思議に,

すーっと納得してしまいます。

そうか,描けないことは,そういうことだったんだ!

 

 

モデルになると,イカはなかなかステキです。

 

 

いつもは,科学入門講座をしたり,

研究会・荷物の仕分け・発送作業をする

ころりんハウス1階のころりん広間に,

 

 

 

今日は,床いっぱいに画用紙をひろげ

午前も午後も,ほぼ満席。

色づくり・もやしの講座に事前に参加した人だけが

今回参加しました。

 

 

私にも描けました!

 

 

家族それぞれ,描けました!

 

 

モデルさん,今日はありがとう!

みんな大満足に描けました。

 

 

描くことが楽しいことだって,気づかせてくれる

描き方です。

 

また企画したいな。

今度はみなさんもぜひ,どうぞ。