倉庫から発掘されたものの中に、
生物顕微鏡がありました。

 

昭和56年(!)の価格表も出てきました。

高価だったんですね。


普通の顕微鏡とも,ライトスコープとも

仕組みが違います。

 

見たいものをステージの乗せ,

光源はその上から。

下から上むきの対物レンズで

見たいものの透過光を観察します。

 

像は,ふつうの顕微鏡からすると倒立です。

(検体と同じむき)
電球は,かろうじて無事!

最初覗いた時は,真っ暗で全く見えませんでしたが,
光路を微調整して,と。


 

四角い小さい光がくっきりみえてきました。
40倍で見るハロゲンランプです。


 

ステージの掃除につかった

ティッシュペーパー(×40)

 

 

オープンのお祝いにいただいた

フラワーアレンジメントの

葉っぱの裏側(×40)。

 

どんどん倍率を上げてみます。

(×200)

 

葉の裏側の葉脈にならんで,

毛が生えているんですね。うつくしい。


研究室のトイレにいる,ウチのみどりちゃんの尾っぽ。

 


まだ使えそうなことが確認できて,よかった!

つぎは,生きものを見てみようっと。

 

Related Entry
Comment





   

ころりんハウス

profilephoto

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

もじでパーツ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM